スペースキーを含むショートカット操作が効かなくなった場合の対処法

Illustrator2017/10/23

MacBookでIllustratorを操作している際に、スペースキーを含むショートカット操作が出来なくなることが稀にあります。「手のひらツール」と「虫眼鏡ツール」のショートカットが使えないなんて、僕にとっては死活問題!

スポンサーリンク

最初は、CCを2017へバージョンアップした際に、それらのショートカットが廃止、もしくは変更になったかと思いました。十数年もの間、慣れ親しんだ「手のひらツール」と「虫眼鏡ツール」は体に馴染みすぎて、今更スペースキーを使わないショートカットへ変更されても、体が言うことを聞かないよ!! って、思っていたんですが、原因は違うところにありました。

その原因は単純なバグで、ChromeやSafariなどのブラウザがアクティブになっていたりすると、スペースキーを含むショートカット操作が効かなくなることがあるそうです。で、早速、起動していたChromeを終了すると、無事ショートカット操作ができるようになりました。

ちなみに、なぜか僕の場合は、OSへログインした際、Chromeが自動で立ち上がる設定がされていました。その影響で、今回のようなバグへ繋がったみたいです。その設定の解除方法は、

1  「環境設定」の「ユーザとグループ」を選択。

2  「ログイン項目」を選択し、ブラウザのチェックを外す。

これだけです。

それにしても、短期間ではありますが「手のひらツール」と「虫眼鏡ツール」がショートカット操作できないのは究極に不便でした…  戻ってよかった。

タグ: , , , , , , ,