InDesignで簡単「2重線の袋文字」

InDesign2017/10/19

InDesignは、Illustratorと違いオブジェクトの編集がやや弱い。見出しやタイトルデザインで少し装飾したい…っていう場面が結構あったりするものです。そこで、ちょっとしたテクニックで簡単に「2重線の袋文字」を作る方法をご紹介します。

スポンサーリンク

強引なやり方で、オブジェクトを元の位置にコピーし、2重線を作成することはできるんですが、文字修正が入るなどを考えればその方法は避けたいところ。そこで、役に立つのがオブジェクトの効果。

画像を例に説明します。

テキスト自体に白ふちを付け。

オブジェクト「効果」の「光彩(外側)」を画像のように設定。

モード:通常  不透明度:100%  サイズ:適宜  スプレッド:100%

これにより、白ふちの外に線をつけることができます。この方法は、ドロップシャドウでも適用できるので、さらに3重線も作ることが可能。

見出しやタイトルをちょっと強調したい時に活用しましょう。

タグ: , , , ,