行間を整えるコツ

IllustratorInDesign 2017/07/09

行間の調整で押さえておきたいポイントとして、一行あたりの文字数。この文字数が多ければ多いほど…

スポンサーリンク

行間を空け気味に、逆に文字数が少なければ少ないほど、行間は詰めて設定しましょう。そうすることで、読者の目の動きを止めることなく、スムーズに読ませることができます。逆に、文字数が多いのに行間を詰めてしまうと、行末から行頭へ目を送った時に、次の行を見失いやすくなります。文字数が少ないのに行間が空いていれば、見た目が間延びしてしまいます。

書体や級数などで、多少の差はありますが、心地よい行間になるよう調整しましょう。

タグ: , ,