写実的なドロップシャドウをつけるコツ

IllustratorInDesignPhotoshop 2017/06/19

ドロップシャドウをデフォルトの状態でそのまま使っていませんか? それでは、写実的な影に近づけず、違和感のある影になってしまいます。では、どのようにドロップシャドウを設定したらいいのでしょうか。

スポンサーリンク

まずは、そのオブジェクト(またはレイヤー)がどれくらい接地面から離れているかを考えましょう。上の画像は、左から、ぴったり接地面に着いていてだんだん接地面から離れていくようにドロップシャドウを設定しました。デザインによって、接地面からの距離感は様々ですが、しっかりと意識し、明確に使い分けることが大切です。次の画像は実際の具体的な設定です。

数字で見るとわかるように、接地面から離れるにしたがって、影が薄くなり、エッジがぼけていきます。そうすることで、より自然な影がつき、デザインのクオリティーにつながっていきます。

タグ: , ,