EPSとは

DTP基礎2017/06/11

普段からよく使用しているデータ形式、EPS。なんとくなくDTPに適しているファイルだと思っているデザイナーが、ほとんどではないででょうか。では、どう適しているか、かいつまんでご説明いたします。

スポンサーリンク

Encapsulated PostScript(エンキャプサレイティッド・ポスト・スクリプト)と言われ、PostScript(adobeが開発したファイル)をベースにしたファイル形式。他のメディアに埋め込んだりする際、プレビュー画像やバウンディングボックスなどの必要な情報が含まれており、汎用性が高いのが特徴。また、ビットマップとベクターデータの両方を含むことができるのも、このEPSの真骨頂。あらゆるソフトで扱えることから、広く普及しており、DTP業界では基本の保存形式として選ばれているというわけです。

タグ: , ,