RGBとは

DTP基礎2017/06/06

普段からよく目にするRGB。ぼんやり理解している方も、まったく知らな方も、少しだけ深く知ってみましょう。

スポンサーリンク

RGBは光の色彩

RGBは、今となっては懐かしい、ブラウン管のカラーテレビが始まりです。そこで、用いられたのが加法混合という再現方法。光の三原色RGBで黒以外の全ての色を表現します。黒は、電源を切った時のブラウン管・モニターそのものの色です。Rはレッド(赤)、Gはグリーン(緑)、Bはブルーバイオレット(濃紺)、この三つの光を合わせると白い光になります。また、CMYとも関わりがあり、光の原色をそのまま2色づつ混ぜると、R+GでY(イエロー)、G+BでC(シアン)、B+RでM(マゼンタ)になります。

DTPデザイナーとしては、あまり馴染みがなく、RGBで色をつける方はなかなかいないと思いますが、RGBがどういったものかは最低限知っておきましょう。WEBデザイナーはしっかり知って、配色の感覚を掴みましょう。

タグ: , ,