PDFの形式(x-1a、x-4)

DTP基礎2017/06/05

PDF出力が主流になりつつある中で、InDesignの書き出し設定をそのままでPDF書き出ししていませんか。大きく間違えではありませんが、少し詳しく説明いたしましょう。

スポンサーリンク

デフォルト設定はx-1a

印刷用のPDFとして主流なのがデフォルト設定である「x-1a」。このPDFは透明効果などを画像化し、汎用性の高いPDFデータ。ですが、書き出す際に画像を断片化してしまうため、モニター上では沢山の白い線が見えることがあります。理屈上、断片化された画像と画像の隙間が見えているだけで、問題はないと言われているのですが、僕の経験上、その白い線が印刷されたことがありました。

 

なので、今ではなるべく「x-4」で書き出すことを推奨いたします。「x-4」はどのような形式かというと、透明効果に対応していて、「x-1a」のように画像化しません。断片化もされず、白い隙間も出ないのが特徴です。ただ、データが重くなりますが、品質のことを考えたら、大した問題ではないです。

タグ: , , ,