「ProN」の「N」って何?

DTP基礎2017/06/03

フォントを選ぶ際に、ちょっぴり気になる、書体名の末尾に「N」がついた書体。慣れたデザイナーもこの「N」の正体を知らずに、見過ごしている方が多いはず。ですが、DTP業界では非常に重要な話なんです。

スポンサーリンク

漢字の字形が変わっている…

「ProN」のように末尾に「N」がついた書体は、「Nフォント」と呼ばれている書体で、2004年に策定された、漢字の規定水準「JIS X 0213:2004」と呼ばれるものなんです。従来のものから168文字の漢字の字形が変わり、「鯖」や「揃」などが下画像のように変わりました。長年使われている「N」の無い書体が使用禁止というわけではないのですが、WinのMSシリーズの書体が2004年から「Nフォント」規定に移行。編集者やお客様のPCは概ねWinなので、否が応でも「Nフォント」が基準になっていったのです。

常用書体は「Pro」から「ProN」へ

僕の経験ですが、「Nフォント」のことを知らずにNがついていない書体を使用していたら、「鯖江市の鯖の漢字が違います」とお客様に何度もご指摘を受けたことがありました。Winのみで作業をしているお客様にしてみたら、「Nフォント」が基準になってしまうのはしかるべき話。なので、今後の書体選びは「Nフォント」を主体的に選びましょう。

タグ: , , , , ,