「80:20」でレイアウトにメリハリ

セオリー2017/06/01

僕自身、レイアウトのバランスでよく悩むことがあります。どの要素をでれだけの領域でやろうか…。そんな時に知っていると便利な比率が「80:20」です。

スポンサーリンク


レイアウトのバランスを考える時に…

この比率は雑誌のレイアウトに多く見受けられます。本文の領域を20%、写真などそのほかの領域を80%にする手法。おそらく、バランスを突き詰めると、この割合になるんだと思います。20%の本文が紙面の内容の80%をしめているという考え方です。他にも、さまざまな形で応用でき、当てはめることのできるので皆さんもいろいろと工夫をしてみましょう。

「80:20」は世の摂理

本来、この比率でよく引き合いに出されるのがアリの話。20%のアリが効果的によく働き、全体の食料の80%を集めてくるそうです。ですが、この話はアリだけには止まらず、人間社会にもあてはまるとか…。ちなみに、この比率は「パレートの法則」と言われ、学術的にもしっかりと立証されている世の摂理なんです。

タグ: , , ,